www.realmovebytrue.com

.

.


自動車重量税、別名重量税というものは国産メーカーの自動車もしくは海外の車というような愛車の生産国や電気自動車、セダン等車体も全て同じで、たとえばホンダやジャガー、などにも変わりなく負担を必須とされている税金のことをいいます。新車登録の場合、または定期車検の場合に支払いが発生する税なのです。金額はそれぞれのクルマの大きさにより決定されます。「自動車重量税」と「自動車税」は全く違うものですから、勘違いしないようにしなければなりません。「自動車重量税とは重さ毎に」「自動車税というものは自動車のリッター数毎に」その額が違います。それにより売却する場合の扱いも違ってきますので、注意しましょう。自動車を売却する際には支払った自動車の税額がいくら残っていた場合でも、その額が還ってくるようなことはないのです。一方、自動車税でしたら、支払った金額を買取金額に足してくれるといった場合がなくはないですが重量税に関しては上乗せしてくれることは全然ありません。重量税はいくら既に納めた額が残存しているからと言って中古車の専門店でそれが材料になることはまずないのです。ですから次の支払い要は車検まで売却を保留し査定に出すというのがベターでしょう。自動車買取の際は戻ってこないのが重量税ですが一定の条件の場合だと還付していただけることもあります。このケースは車検が残っている愛車を廃車処理するケースです。つまり、廃車申請をすると残存期間に従って重量税が還付されます。ただ中古車引き取り時はその車が廃車になるわけではないので戻ってきません。さらに、クルマの名義を変更した際や、盗難被害に遭った時なども返金してもらうことはできません。自動車重量税の残っている期間がある自動車を買い取るというのは要は車検の効力が残っている自動車ということになります。その辺りを業者も忖度しますので重量税が残存していれば、売却額があがるでしょう。もちろん買取額は業者により変わりますが、車検の効力がまだあるということを考慮していただければ売却する自動車の買取額からみたらそこまで払い損ということもありません。