www.realmovebytrue.com

.

.


車を持っているあなたであれば知っているはずですが、自動車税が徴収されます。それで自動車税は、査定に出す所有車の買い取りの際に当然のように還ってくるものなのです。このことは実際に実行してみるとすぐ覚えられますが、これからはじめから流れを簡単に紹介します。当たり前ですが補足するならば国産で生産されている自動車だけでなくアメ車も税金が返還されることになっています。当然所有車もそうです。自動車税は車を持つ人が払わなければいけない税金ですがこの金額は自動車の排気量で定められています。1リッターより小さいなら29500円となり、1リッターから1.5リッター以下までなら34500円です。これからは500ccずつ5000円増加していきます。このお金は4月1日の時点で車を保有している人が年度内の税額を支払うように定められています。事前納付になるということですのでもちろん愛車を売ってしまって所有権を失った際は先に払った分のお金は還ってくるんですね。この自動車税は先払いでその年度の全額を払いますので年度内に自動車を手放したときは買い取ったオーナーがこの税を納めなければいけないのです。買取先が中古車買い取り専門店でしたら買い取り時にあなたが支払いすぎたお金を返還してくれます。所有者でなくなった瞬間以後の自動車税は新たな所有者が納付義務を負います。もし自分が10月中にクルマを手放した時は11月から次の年の3月の間までの自動車税は返金されます。それは前述の通り自動車税という税金は一年分を先に支払っているという事実からもわかります。ということは、売却者は買取先に税を返金してもらうということです。個人で愛車を引き取ってもらう場合、意外にこのような大切な事実を忘れている人がよくいるのできっちり確かめるようにしましょう。自動車税が車を売った際に返金されるということを意外に知っている人がいない事を利用してその事実を言わない買取業者もいます。自分から返金に関しての話をしなければ全然税金のことに説明しないという場面も聞きます。ですので愛車の買取をする場合は、払いすぎた税金が返還されるか否かを確認することを怠らないようにしてください。